知ってた?ソーダ・ラムネ・サイダーの違い

知ってた?ソーダ・ラムネ・サイダーの違い


”炭酸”と言えば様々な飲み物が想像できるかと思いますが、ソーダとラムネとサイダー、それぞれの違いについてはご存知ですか?とくに区別なく使用している言葉のため、全て同じ飲み物を指しているように思えるのですが、実は違いがあるのです。
ここでは、ソーダとラムネとサイダーの違いについてご説明していきたいと思います。

ソーダとサイダーは名前が似ているけど違いは?

ソーダ・ラムネ・サイダーの中で、ソーダとサイダーは名前がとても似ていますよね。まずはじめに、ソーダとサイダーの違いからチェックしていきましょう。

ソーダとは

ソーダ(ソーダ水)とは、炭酸ガスを含んでいる水のことを指します。
ソーダは純粋な炭酸水であり甘みなどはついていないため、そのまま飲むというよりはカクテルなどを作る際に使用されることが多い飲み物です。

サイダーとは

サイダーとは、フランス語でりんご酒を意味するシードル(cidre)が語源となっており、主に香料や甘みなどを加えた清涼飲料水を指します。
ソーダとは異なり味がつけられているため、そのまま飲むという飲み方が主流です。
また、”サイダー”という呼び方をするのは日本だけだと言われています。
サイダーと言えば三ツ矢サイダーが有名で、様々な味や色がついているものが販売されています。もともと三ツ矢サイダーから初めて発売されたサイダーが柑橘系の味だったため、「サイダー=柑橘系の清涼飲料水」と認識するようになったという話もあります。
このように、ソーダとサイダーは名前が似ていますが、味や飲み方などが異なっていることが分かります。純粋な炭酸水はソーダ、味がついた炭酸水はサイダー、というように覚えておくとわかりやすいですよね。

ラムネってなに?

ソーダとサイダーの違いがわかったところで、次はラムネについて見ていきたいと思います。ラムネはそもそも、炭酸水に砂糖とレモン水を加えたものである「レモネード」が始まりだとされています。
ビー玉栓のガラス瓶に入っていることから、「あのビー玉入りのガラス瓶に入っているものはラムネ」と認識している方も多いと思います。以前とは異なり、ペットボトルや缶などで炭酸水が販売されるようになっても、ラムネだけは容器が変わっていません。

余談ですが、ラムネが日本で普及した当初は、ビー玉ではなくコルク栓だったようです。

結局のところ3つの飲み物の違いはなに?

結局のところ、ソーダとラムネとサイダーの違いをまとめると、以下のようになります。

  • ソーダは無味でありカクテルを作る際などに使用される炭酸水そのものを指す
  • サイダーは香料や砂糖で味がつけられているもので、もともとはりんご風味の飲み物
  • ラムネはもともとはレモン風味で、ビー玉栓の瓶に入っている

現在では違いがかなり曖昧になってしまっているため、”ビー玉栓の瓶に入っているものがラムネで、そうではないものがサイダー”というような定義になっています。そして、ソーダに関しては、かなり広い意味で炭酸水全般を指していることが多くなっています。

おわりに

何となく使っていた「ソーダ」「サイダー」「ラムネ」ですが、それらの違いがお分かりいただけたかと思います。
違いがわかれば、これからはもっと美味しく飲めるようになるかもしれませんね。